brown water

ゲームやアニメの感想とかプログラムとか

気になる本 1808

なれる!SE

SEを題材にしたラノベ

新人SEが奮闘する物語。
作者の方が元SEということで、SEの仕事に関してはかなり詳しい描写がされていて、それだけでも興味深い。
SEというのはいろんな仕事をするブラックな業界なんだと思った。
難しい用語が出てきたりするけど、簡単な説明があるので分かりやすい。ネットワーク系の仕事が多い感じ。

内容の方は、次々に登場する女子たちとのハプニングがあったり、協力したり、ラブコメ的な展開があったりという、どっちかというとハーレム系ラノベ的だと思います。
主人公がIT系の知識がないまま、こんな会社に入社しているのはどうかと思うが・・・。
巻が進むごとにマネージャーやったり、大口取引をしたりと成長している姿も見ることが出来ます。
最後の方のオチはなかなか面白かった。


会計天国

先の展開が気になる会計ストーリー

会計について解説する本ということで堅苦しい内容なのかと思いきや。
冒頭でいきなり事故死した主人公が天使に連れられて人助けをしにいくという漫画チックな展開で始まるため、入りやすい導入部。
普通の読み物として楽しめ、先の展開が気になってきます。

会計のノウハウを披露して登場する相手を導くというのがメインとなり、会計についての解説が図を交えて分かりやすく説明されていきます。
でも私はよく理解出来ませんでした・・・。
最後は主人公の娘に対する思いによりどんでん返しな展開になって終わるのもまた良いです。


投資ミサイル

笑いと感動の投資ストーリー

事業計画作成等について解説する本のようだが、これも「会計天国」と同じく堅苦しくはない。
新規事業を任されることになった女性課長の物語で、いきなりロボットの上司が登場するということで軽い感じで読み進められる。
ロボットは投資等についても分かりやすく解説してくれて、多少は勉強になります。私も株をやってみようかなと思ってしまった。
ツッコミどころ満載のロボットの行動、事業も自身も成長していく主人公の考え方の変化、ダメな彼氏とのやりとり等、先の展開が気になるストーリー。
最後は悲しい展開になりつつも良い終わり方だと思います。